メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

U・Iターン/3 東京から山形鉄道運転士に 佐竹凌さん 地域貢献の願い実現 モンテと通学生、支えに

 視界いっぱいに広がる真っ白な雪原を、色鮮やかな2両編成のディーゼルカーが走行していた。3月上旬、山形県置賜地方。運転席では佐竹凌(りょう)さん(21)が、ブレーキハンドルや機器・スイッチ類を一つ一つ、声に出して指さし確認しながら操作している。その表情は真剣そのものだ。

 東京都小平市出身。2016年4月、この地でフラワー長井線を運行する山形鉄道(同県長井市)に就職した。同線はワンマン運行が基本で、運転士は一人二役で改札業務も担当する。「ありがとうございました」。料金を受け取った後、佐竹さんは乗客の目を見てほほ笑みかけた。

 小さい頃から、鉄道の運転士になることが夢だった。列車は人を運ぶ。人を運ぶことで、世の中が回る。「鉄…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです