石巻市

外国人客に無料SIM配布開始 ネット接続、観光PR /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 石巻市はインバウンド(訪日外国人旅行者)向けサービスとして、スマートフォンに差し込むことでインターネットを手軽に利用できる無料SIMカードの配布を始めた。ネット接続すると、地元の観光スポットや飲食店情報などを英語で紹介するアプリを見られる。全国的にも新しいサービスで、市は石巻港を訪れる大型客船の乗客に配るなどして、石巻の観光を世界にアピールしたい考えだ。【百武信幸】

 インバウンド誘致競争が自治体間で激しくなる中、快適なインターネット環境は最優先課題。きれいな景色や他にはない見どころは、スマホからSNSなどで直ちに世界に発信され、観光PRにつながるためだ。石巻市は昨年、市内のIT会社「イトナブ」、東京のウェブ開発会社「ジェイティップス」と連携し「石巻トラベルSIM」の開発に着手。今年2月に試験配布し、サービス環境が整ったため、今月から本格運用を始めた。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文797文字)

あわせて読みたい

注目の特集