メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人観光客

学生目線でおもてなし、さまざまな取り組み 宇都宮大生が来月イベント 駅の待ち時間利用し希望調査 /栃木

 訪日外国人観光客(インバウンド)をもてなそうと、県内の学生がさまざまな取り組みをしている。県内では2017年に外国人宿泊者数が過去最高となるなど、多くの観光客が海外から訪れており、学生ならではの視点で「おもてなし」を展開している。【萩原桂菜】

 宇都宮大国際学部の学生約20人が主体となった「宇都宮駅おもてなしプロジェクト」が、JR宇都宮駅で実施されている。ホームで電車を待っている外国人観光客にアンケート調査をし、その結果を踏まえて6月に歓迎イベントを開催する計画だ。

 同駅によると、同駅では日光を目指して日光線に乗り換える外国人客が多く、新幹線1本が到着すると約200人が降車することもある。しかし、日光線は1時間に1本程度しか走っていない時間帯もあり、学生たちは電車を待っている観光客をもてなそうとプロジェクトを考案した。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです