メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

静岡 黒はんぺん 風味と甘み、素材で勝負 「健康」が売りの県民食 /東京

 静岡県のおでんは、はんぺんの色が白ではなくグレーなのが特徴だ。主原料に白身魚ではなくイワシやサバを使うためで、「黒はんぺん」として県民食になっている。駿河湾に面した港町で知られる同県焼津市の製造業者「丸又(まるまた)」を訪ねると、その製造過程には健康食品としてのこだわりが込められていた。【島田信幸】

 漁業が盛んな焼津市で、江戸・明治時代に漁師が余ったサバやイワシを家庭で加工したことが黒はんぺんの始…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1256文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです