メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷河観察ツアー

カクネ里雪渓へ 来月23日 県が参加者を募集 /長野

 県環境保全研究所が6月23日、県内初の現存氷河と確認された大町市の「カクネ里雪渓」を観察するエコツアー「自然史王国信州を歩く~日本の氷河カクネ里編~」を実施する。小遠見山(2007メートル)の山頂から雪渓を眺め、氷河の成り立ちについて学ぶ。研究所の富樫均専門研究員は「ツアーを通じ、北アルプスの自然の魅力を感じてほしい」と話し、参加者を募集している。

 現在、国内には六つの現存氷河があるとされ、カクネ里雪渓はその一つ。長野、富山県境の鹿島槍ケ岳(28…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文675文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです