メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

被害者特定へ情報開示を 県審議会、知事に容認答申へ /鳥取

個人情報の取り扱いについて協議する審議会メンバー=鳥取県庁議会棟で、阿部絢美撮影

 旧優生保護法に基づき障害者への強制的な不妊手術が相次いだ問題に絡み、県は23日、県個人情報保護審議会を開いた。県が保管する被害者の個人情報を県内の市町村などへ開示することを容認すべきだと平井伸治知事に答申することを決めた。県内では少なくとも23人がいるとされ、救済に向けて被害者個人の特定を急ぐ考え。【阿部絢美】

 県が保管している文書には20人分の記録が残っている。国の統計では11人分が判明し、そのうち8人分が…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです