メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西百塚山古墳群

埴輪の破片が出土 5世紀前~中期、築造か /島根

西百塚山古墳群の19号墳から出土した埴輪の破片=松江市で、根岸愛実撮影

 県埋蔵文化財調査センターは23日、松江市大草町の「西百塚山古墳群」で最大の19号墳(直径約50メートル)から埴輪(はにわ)の破片が出土したと発表した。埴輪に黒斑や焼きムラがないことなどから、古墳が当初の想定よりもやや新しい時代のものと推測できるという。

 60基以上の西百塚山古墳群は、県内最大級の古…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです