メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全建賞

松山・花園町通り受賞 歩道広げ、にぎわい復活 定期イベント開催も /愛媛

車線を減らして歩道を広くした花園町通り=松山市提供

 松山市が進めてきた「花園町通り」の整備事業が21日、優れた建設・公共事業に贈られる2017年度「全建賞」(都市部門)を受賞した。昨年9月にリニューアルされた通りは、車線を減らして歩道を広げ、自転車道や広場も設けた。空き店舗の増加などで失いつつあった活気を取り戻し、定期的にマルシェイベントが開催されるなど、市が目指す「歩いて暮らせるまち松山」のシンボルロードとして多くの人々でにぎわっている。【木島諒子】

 同通りは、松山市駅と松山城・堀之内公園を結ぶ全長250メートル。幅は40メートルと市内最大で、以前…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 積水ハウス被害 「地面師」数人を逮捕 偽造文書行使容疑
  5. MS共同創業者 ポール・アレン氏死去 撃沈の武蔵発見も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです