メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

店主日替わり、シェアストア 被災した店舗で飲食店営業 火~土、6人が自慢の料理提供 熊本・御船 /熊本

 熊本地震で被災して廃業した魚屋を改修し、日替わりの店主が昼の部、夜の部でそれぞれ得意の食事や飲み物を提供する「シェアストア」が熊本県御船(みふね)町に誕生した。内装や調理器具などの初期投資が必要なく飲食店の経営に挑戦できるとあって、子育て中の主婦や地元の有機農家、元地域おこし協力隊員ら多彩な6人が自慢の腕を振るい、地域の人たちに親しまれている。【福岡賢正】

 店名は「みんなのふね」。カウンターに8席のみの小さな店だ。熊本市の一般社団法人「OJAK」が、ロー…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  4. 日中合同追悼の集い 強制連行、悲劇訴える靴 6830人分、それぞれに命と家族 /東京

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです