メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

王岐山副主席、初外遊へ 露など 外交面で存在感

ブラジルのヌネス外相(左)と会談する中国の王岐山・国家副主席=北京で2018年5月14日、AP

 【北京・河津啓介、モスクワ大前仁】中国の王岐山・国家副主席が24~29日、ロシアやベラルーシを訪問し、就任後初の外遊を開始する。王氏は習近平国家主席の盟友とされ、今年3月に異例の人事で現職に就いた。朝鮮半島情勢などが揺れ動く中、習氏が「歴史上(関係が)最良の時期」と表現するロシアを訪問し、中露の緊密な連携を確認する役割を果たすとみられる。

 中国外務省によると、王氏はロシアのサンクトペテルブルクである経済フォーラムに出席するほか、プーチン…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1095文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです