メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏目漱石

僕ハ独リボツチデ淋イヨ 英留学中、友へ手紙

夏目漱石が藤代禎輔に送った絵はがき。「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」などの記述(中央)がある=大森治幸撮影

 福井県は23日、英国に留学中だった夏目漱石(1867~1916年)が1900、01年、友人に宛てて書いたはがき3通が見つかったと発表した。「僕ハ独リボツチデ淋(さびし)イヨ」などの記述があり、専門家は「留学生活の様子がうかがえる貴重な史料」としている。【大森治幸】

 はがきは、漱石と同じ船でドイツに留学した国文学者の芳賀矢一(1867~1927年)と、ドイツ文学者の藤代禎輔(1868~1927年)に宛てている。いずれも1917年から刊行された「漱石全集」(岩波書店)に文章が…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです