メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

仮想通貨トラブル 実在しないのに勧誘も

 社会的に話題になっているものに関するトラブルは多い。仮想通貨もその一つ。価格変動が大きいうえ、実在しない仮想通貨に若者がだまされる被(ひ)害(がい)も起きている。

 関東地方に住む10代の男性は今(こ)年(とし)3月、友(とも)達(だち)から「おもしろい投資セミナーがある」と誘(さそ)われた。出かけてみると、仮想通貨の投資運用セミナーだった。「10万円出資すれば、15万円になる」「友達を勧(かん)誘(ゆう)できたら0・5~1%の報(ほう)酬(しゅう)も渡(わた)せる」などと説明され、10万円を支(し)払(はら)ってしまった。

 国民生活センターによると、仮想通貨に関連して2017年度、2888件の相談が寄せられた。14年度からの4年間で約15倍に増えている。このうち、引き合いに出された仮想通貨自体が実在するか不明のケースが、相談の8割を占(し)める。「将来、発行したら価値があがる」などと持ちかけられ、金を払ってしまうという。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです