メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

仮想通貨トラブル 実在しないのに勧誘も

 社会的に話題になっているものに関するトラブルは多い。仮想通貨もその一つ。価格変動が大きいうえ、実在しない仮想通貨に若者がだまされる被(ひ)害(がい)も起きている。

 関東地方に住む10代の男性は今(こ)年(とし)3月、友(とも)達(だち)から「おもしろい投資セミナーがある」と誘(さそ)われた。出かけてみると、仮想通貨の投資運用セミナーだった。「10万円出資すれば、15万円になる」「友達を勧(かん)誘(ゆう)できたら0・5~1%の報(ほう)酬(しゅう)も渡(わた)せる」などと説明され、10万円を支(し)払(はら)ってしまった。

 国民生活センターによると、仮想通貨に関連して2017年度、2888件の相談が寄せられた。14年度か…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文928文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです