メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大前監督、指示再び否定 コーチ辞意

記者会見する日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督(右)と井上奨コーチ=東京都千代田区の日本大学で2018年5月23日午後9時31分、丸山博撮影

 日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)=19日付で辞任=と井上奨(つとむ)コーチ(29)が23日、東京都内で緊急記者会見した。内田前監督は暫定的に大学の常務理事職を停止して謹慎し、日大が設置した第三者委員会の調査に進退を委ねる考えを示した。井上コーチは辞意を表明した。3年生の宮川泰介選手(20)に対して悪質なタックルを指示したことを改めて否定した。【小林悠太、田原和宏】

 2人は会見の冒頭に関西学院大との定期戦(6日、東京都調布市)で負傷させた相手のQBらに改めて謝罪。22日に東京都内で記者会見して詳細を語った日大選手に対して、内田前監督は「あのような気持ちにさせてしまい申し訳ない」と謝罪した。井上コーチも「私の未熟な指導で起こった」と頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです