メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我孫子市

はしご車購入で寄付呼びかけ 千葉

排ガス規制で使用できなくなる我孫子市のはしご車=市消防本部提供

 千葉県我孫子市は、はしご車1台を購入することを決め、クラウドファンディングで資金の一部の調達を始めた。

 市によると、同市消防本部のはしご車は来年2月から自動車NOx・PM法の排ガス規制の基準を満たさなくなるため、2億円のはしご車の購入を決めた。1億9000万円は国の補助金や地方債などでまかない、残り1000万円は財政難から広く全国から寄付を募ることにした。

 購入するはしご車は、はしごの部分が建物の12~3階まで届き、水路管がはしごに装着され、ホースをはしごに装着する必要のないタイプ。市内の火事に対応するだけでなく、車両は購入後、「緊急消防援助隊」に登録し、県外の災害時にも活躍する。市は「全国の被災地のためにも駆けつけるので寄付してほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです