メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾瀬国立公園

ミズバショウも見ごろ 山開き

山開きを迎えた尾瀬国立公園で、ミズバショウが見ごろを迎えた湿原を歩く登山者ら=群馬県片品村で2018年5月24日午前7時34分、手塚耕一郎撮影

 群馬、福島、新潟、栃木の4県にまたがり、年間約30万人が訪れる尾瀬国立公園が24日山開きし、本格的な登山シーズンが幕開けした。

     群馬・福島両県の地元観光協会によると、今年の尾瀬は例年より残雪が少なく、湿原に咲くミズバショウは平年より10日程度開花が早まっているという。訪れた登山者は見ごろを迎えたミズバショウを眺めながら、湿原のハイキングを楽しんでいた。【手塚耕一郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    4. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]