メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費者団体

助け求める音、統一を 防犯ブザー音色・音量

さまざまな音が出る防犯ブザーを手にする田近さん=東京都渋谷区で2018年5月15日午後4時10分、五味香織撮影

 路上で不審者に襲われたり、急な体調不良が生じたりした時に「助けを求める音」を、救急車のサイレンや緊急地震速報のように誰もが認識できる音として統一しようと、公益社団法人「日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会」(東京都渋谷区)が関係機関に呼びかけている。聴覚障害者にも分かるよう光の点滅も規格化し「音のユニバーサルデザイン」を目指したいという。

 防犯ブザーは標準装備した子ども用携帯電話の登場などで急速に普及し、登下校時の安全のため児童に配布し…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです