メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ガイシ

製品検査不正1億個 90年代初めから

不正検査について記者会見する大島卓・日本ガイシ社長=名古屋市中区三の丸で2018年5月23日午後3時6分、小倉祥徳撮影

 セラミックス大手の日本ガイシ(名古屋市)は23日、電線を支える絶縁材である「碍子(がいし)」関連製品の自社検査で不正があったと発表した。不正は1990年代初めから2017年度に電力会社や鉄道会社など国内外約500社向けの契約約100万件で行われ、販売数は約1億個。顧客との契約上定められた完成品の寸法検査をしなかったり、抜き取り検査数が少なかったりしたが、適切に検査したと虚偽報告していた。同社は、製造工程などで厳格に検査しており、製品の品質は問題ないとしている。

 名古屋市内でこの日記者会見した大島卓社長は「多大なご迷惑とご心配をおかけして深くおわびする」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文693文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]