中国

金・銀鉱山の開発開始 ヒマラヤ山脈が新たな火種か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

インドとの係争地付近 香港紙が報道

 【上海・工藤哲、ニューデリー松井聡】中国がチベット自治区南部のインドとの係争地付近で金や銀などの鉱山開発を始め、ヒマラヤ山脈が「南シナ海のような問題になる可能性がある」と香港紙が報じた。インドのモディ首相は4月に訪中して習近平国家主席と会談し、中印関係は改善基調にあるが、豊富な資源に注目が集まれば、この地域の国境問題が火種になる可能性も指摘されている。

 香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の20日の報道によると、チベット自治区南部の隆子県で600億米ドル(約6兆6000億円)近い価値が見込まれる鉱山が見つかり、中国側が大規模開発に乗り出した。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文802文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集