メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発12基

ダクトに腐食や穴 柏崎刈羽は9カ所も

東京電力柏崎刈羽原発3号機の中央制御室空調換気系ダクトに見つかった腐食=原子力規制委提供

 原子力規制委員会は23日、全国の原発などで中央制御室の空調換気系ダクトを調査した結果、一部に腐食や穴、亀裂が見つかったのは7原発12基だったと明らかにした。全て事故を起こした東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型。うち同電力柏崎刈羽3、7号機(新潟県)では計9カ所の穴や亀裂があり、3号機で最大の縦約13センチ、横約5センチの亀裂が見つかった。

 規制委の更田豊志委員長は記者会見で「腐食の程度や穴が大きい」と指摘し、東電に速やかな是正を求めた。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文806文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです