福島・飯舘村

牧草地で牛を放牧 事故後初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
震災後初めて牛を一般放牧した飯舘村松塚の繁殖牛農家、山田猛史さん=2018年5月23日午後0時39分、寺町六花撮影
震災後初めて牛を一般放牧した飯舘村松塚の繁殖牛農家、山田猛史さん=2018年5月23日午後0時39分、寺町六花撮影

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が昨年3月末に大半で解除された福島県飯舘村で23日、事故後初めて牧草地で牛を放牧する実証試験が始まった。

 事故前の村では約220戸の農家が肉牛を飼育していた。現在、村内で飼育を再開したのは5戸だけ。3カ月間の放牧後、牛の血液の放射性物質濃度を検査するなどし、来年以…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集