小樽市立病院

医療用ホチキス、患者48人に使い回し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小樽市立病院で使い回しされていたのと同種の医療用ホチキス
小樽市立病院で使い回しされていたのと同種の医療用ホチキス

 北海道小樽市の小樽市立病院(近藤吉宏院長)が2016年以降、脳神経外科手術で医療用ホチキスを40~90代の患者48人に使い回していたことが判明した。ホチキスは使い捨てで、再利用は血液などを通した感染の恐れがあるため厚生労働省が昨年まで計4回にわたり使い回さないよう全国に通達していた。しかし、同病院では医師らが「アルコール消毒すれば問題ない」と判断していたという。

 同病院の金子文夫事務部長が23日、記者会見で明らかにした。48人について現時点では被害を確認していないとしたが、全員の血液検査をし、感染の有無を確認する方針。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文714文字)

あわせて読みたい

注目の特集