メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労働規制

派遣法、対象拡大の歴史 「高プロ」も緩和の懸念「アリの一穴では」

労働者派遣法はどのように拡大されてきたのか

 政府・与党が成立を急ぐ働き方改革関連法案は、一部の専門職を「1日8時間、1週40時間」などの労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)を導入することが柱となる。今のところ対象は「金融商品の開発」など5業務が例示されているが、労働規制はこれまでも、法改正や政令改正を繰り返すことで緩和されてきた歴史がある。与党は25日にも衆院厚生労働委員会で採決する方針だが、専門家からは「今回もアリの一穴になりかねない」と危惧する声が出ている。【佐藤丈一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. 民主ペロシ氏「話にならない」 トランプ氏「重要発表」提案に
  5. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです