メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革関連法案

野党6党派、厚労相不信任案を提出 与党、午後に否決へ

 立憲民主党など野党6党派は25日、働き方改革関連法案の審議で「不誠実な答弁を繰り返している」と批判し、加藤勝信厚生労働相の不信任決議案を衆院に提出した。これを受け、法案の採決が予定されていた衆院厚労委員会は中断した。与党は午後の衆院本会議で不信任案を否決し、同日中に厚労委で法案を採決する構えだ。

 委員会に先立って行われた厚労委理事会では、厚労省の不適切データ問題を巡り、同省が新たに6事業場で二重集計するミスがあったと報告したことに野党側が反発。野党側筆頭理事の西村智奈美氏(立憲)は「厚労省はデータを捏造(ねつぞう)、改ざんして私たちは翻弄(ほんろう)され…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです