メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 静岡市東海道広重美術館(静岡市清水区) 浮世絵学ぶ仕掛けも /東京

 駿河湾に面する旧由比町(静岡市清水区)は東海道の宿場町として栄えた。その本陣跡に整備された由比本陣公園に1994年オープンした。江戸時代の浮世絵師、歌川広重(1797~1858年)にスポットを当てた専門館である。広重の代表作「東海道五拾三次之内」(保永堂版)の一枚に「由井 薩〓嶺(さったみね)」が描かれ、広重と由比とは縁が深いのだ。

 「東海道五拾三次之内」や、晩年の傑作「名所江戸百景」など風景版画の揃物(そろいもの)を中心に約14…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文714文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです