メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
MAINICHI芸術食堂

映画「ゲティ家の身代金」 富豪の底知れぬ孤独 /愛知

 お金持ちも、いろいろとタイヘンなようだ。想像もつかないけれど。映画「ゲティ家の身代金」は、「エイリアン」や「ブレードランナー」「グラディエーター」などの名匠リドリー・スコット監督が、実際に起きた世紀の誘拐事件をもとに放ったサスペンス大作。アカデミー賞などの賞レースにも絡んだ、重厚で見ごたえある一本だ。

 1973年、「世界中のすべての金を手にした」と言われた石油王ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫ポー…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文969文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです