サイバー犯罪セミナー

「偽サイトには不自然記載」 府警 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 消費生活相談員らにサイバー犯罪の知識を深めてもらうセミナーがこのほど、京都市中京区の市消費生活総合センターであった。府警ネットセキュリティ・サポートセンターの田中一成所長が今月に相談が寄せられた複数の偽・詐欺サイトを紹介。文字が日本語で表記されていてもサーバーが米国にあり、ドメインも海外になってい…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

あわせて読みたい

注目の特集