メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江水郷祭

8月3日から 名物の湖上花火は4日に /島根

 松江水郷祭推進会議(古瀬誠会長)はこのほどあった総会で、今年の松江水郷祭の日程を8月3~5日に決めた。名物の湖上花火大会は4日で、約1万発を打ち上げる。大橋川ではボートレース「松江市民レガッタ」も同時開催され、集客の増加を狙う。

     花火大会は午後8時から1時間。松江市内で開催中の不昧公200年祭を記念し、抹茶色の「茶の湯花火」で開始を告げる。打ち上げ台船から360度に花火を放つ「ビックバン」が初登場する。県外の観光客を対象とした有料観覧席(1500席)は白潟公園に設ける。昨年は1199席の利用があった。

     なお、総会では来年の松江水郷祭の日程を2日間にすることも決定した。【前田葵】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. 地震 大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止
    3. 難病患者 医療費助成停止、十数万人か
    4. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
    5. 教えて!W杯 賞金はあるの?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]