メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「わるいことは罪だからするな…

[PR]

 「わるいことは罪だからするな、よいことは無駄だからするな」はイタリアのことわざ。「世界ことわざ大事典」で伊文学者の須賀敦子(すが・あつこ)さんが「シニックで、いかにもイタリア人らしいことわざ」と評していた▲こと政治についても「演奏家はかわっても、音楽はいつも同じ」と冷笑的である。だがそこに反汚職、環境保護などを掲げ、「政治家たちよ、降参しろ!」と既成政党の政治の打破を訴えて乗り込んだのが新党「五つ星運動」だった▲その後ローマ市長も当選させた同党は、各国で高まるポピュリズム(大衆迎合主義)のイタリア版と見られていた。それが反移民を掲げる極右の政党と連立を組み、法学者のコンテ氏を首相に指名して近く新政権を発足させるという▲この話が世界中に不安まじりで広がったのは、欧州連合(EU)発足時からの基軸国で欧州統合に懐疑的な政権が生まれることになるからだ。金融市場への影響や、ハンガリーなど東欧での反移民の動きへの接近を心配する声もある▲経済ではEUが求める財政規律を拒み、大型減税や低所得者への所得保障を約束する新政権である。さてそれで巨額の財政赤字はどうするのか。「言うとするのあいだには大海原(おおうなばら)」も、この手の約束に慣れたイタリア人のことわざだ▲対露制裁の解除など外交的にも独自色を打ち出している連立両党だが、当面は息をのんで見守るしかない新政権の一挙一動である。こんなことわざもある。「バラなら咲くだろう、イバラなら刺すだろう」

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです