メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾

 日本大アメリカンフットボール部は24日、悪質タックルで選手を負傷させた関西学院大に2度目の回答書を提出した。反則に至った経緯を宮川泰介選手(20)は「監督・コーチの指示」と告白したが、内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)元コーチ(29)は大半を打ち消している。再回答書の内容も踏襲するという。関東学生連盟に所属する他大学も体制が改善されなければ「対戦拒否」の構えだ。

 日大関係者らによると、関学大への再回答は内田前監督による反則行為の指示を否定する内容で一連の経緯や…

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1263文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]