メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

大変革期、危機感にじむトヨタ 「車選び」変化に対応急務=小倉祥徳(中部報道センター)

2018年3月期決算の発表記者会見で、記者らの質問に答える豊田章男社長(右)=東京都文京区で9日、佐々木順一撮影

 トヨタ自動車の2018年3月期連結決算は、最終(当期)利益が2兆4939億円となり、日本企業としての過去最高益を更新した。だが、次世代自動車の開発を巡って業種を超えた世界的な競争が激化している。トヨタの将来への危機感は強く、他社との提携強化や社内の意識改革などに挑み始めているが、ユーザーの「車選び」の変化に対応できるかが最重要だ。不十分なら、日本を代表する巨大企業でも「100年に1度」の大変革期を生き残るのは簡単ではないと感じている。

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2049文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「太鼓の達人」全国ランキング上位者2人、打面を盗んだ疑い 愛知県警が逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです