メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド

支援に危機感 米制裁、港湾整備に影響 イラン南東部

 【ニューデリー松井聡】インドがイラン南東部で整備を支援するチャバハル港のプロジェクトの行く末が不透明になっている。同港の整備には中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に対抗するインドの狙いもあるが、トランプ米政権によるイランへの経済制裁の発動でプロジェクトに関与する金融機関が制裁対象になる恐れがあり、インドは危機感を募らせている。

 「トランプ氏の決定が我々の計画を振り出しに戻してしまうかもしれない」。インド政府高官はロイター通信…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです