米国

車追加関税 中間選挙へ「成果」急ぐ 日本、対応に苦慮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米政権が自動車や自動車部品の輸入制限の検討を打ち出したことで、日本政府内や自動車業界に衝撃が走った。主力産業の自動車に対し、最大の輸出先である米国で高関税をかけられれば、日本の産業界への影響は大きい。日本政府は国際ルールを守るよう米政府に訴える方針だが、トランプ氏は中間選挙を前に貿易赤字削減などの成果を得ようと圧力を強めており、日本は難しい対応を迫られそうだ。【安藤大介、和田憲二、柳沢亮】

 「米自動車業界の労働者にとって、まもなく大ニュースがあるだろう」。トランプ氏は23日、米通商拡大法232条に基づく調査に着手するとの発表前、ツイッターでこう予告した。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1154文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集