メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気温上昇

「0.5度差」の影響 昆虫の「家」ピンチ 生息域半減、広範囲に

温暖化で生息域の激減が懸念されるミツバチ福岡市動植物園で

 産業革命前から今世紀末までの気温上昇が2度だった場合、1・5度の場合と比較して生息域が半減する昆虫が3倍に、哺乳類は2倍になるとの分析結果を英国などの研究チームが米科学誌サイエンスに発表した。ミツバチなど農作物の受粉を担う昆虫も温暖化の影響を大きく受けるといい、研究チームは「昆虫の生息域の減少は人の活動にも大きな影響を与える」と指摘している。

 2016年11月に発効した温暖化対策の国際ルール「パリ協定」は、世界の平均気温の上昇を産業革命前に…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文711文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです