メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気温上昇

「0.5度差」の影響 経済的利益、2200兆円超

 産業革命前からの気温上昇を今世紀末までに1・5度に抑えることで、2度の場合と比べ世界全体で2200兆円以上の経済的利益が得られる可能性が高いとの試算結果を、米スタンフォード大の研究グループが24日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。各国における過去の気温と国内総生産(GDP)の関係などから予測した。

 グループは経済発展などの社会情勢や環境変化も考慮して、温度上昇によるGDPの落ち込みを試算。温暖化…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文407文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです