メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災なるほドリ

最近の非常食の特徴は?=回答・藤渕志保

 なるほドリ おいしそうな非常食が増えたね。

 記者 かつては乾パンやクラッカーなど、味より保存期間を重視したものが多く、「味気ない」などの不満が出ていました。しかし、阪神大震災や東日本大震災などを経て、さまざまな工夫をこらした非常食が登場。防災専門家らでつくる「日本災害食学会」は栄養や味、色合いに配慮し、普段の食事に近い「災害食」の備蓄を呼び掛けています。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです