特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/3 重い経済的負担 遠征費増で「物品販売」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カタログを見ながら、物品販売の準備を進める高千穂の後援会メンバーたち=長宗拓弥撮影
カタログを見ながら、物品販売の準備を進める高千穂の後援会メンバーたち=長宗拓弥撮影

 苦渋の決断を迫られている。岩手県沿岸部にある宮古商は今夏の練習試合を減らす方針だ。山崎明仁監督(38)は「貸し切りバスの値段が高く、厳しい」と苦悩する。大会出場や遠征に使うバスの料金が近年、チームに重くのしかかる。

 2012年の関越道で起きた高速ツアーバス事故を機に国は安全対策に着手し、14年に安易な低料金を認めない方針を打ち出した。山崎監督は「以前は1日6万円ほどで借りられたが、今は10万円弱はかかる」と明かす。

 宮古商は自校のグラウンドが手狭なため、練習試合はほぼ相手校へ出向く。土日曜日は保護者が運転するが、夏休み期間中の平日の練習試合は保護者に仕事があるため、バス会社に依頼。例年5~8試合あり、1回あたり2000円を部員から徴収してきた。だが、今夏に3年生16人が引退すると、部員数は13人に激減する。山崎監督は「1、2年生に試合経験を多く積ませたいが、少人数では借りられない。試合数を減らさざるを得ない…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文1026文字)

次に読みたい

あわせて読みたい