メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI

駆使へ「学び直し」 大学、企業が社員向け講座 営業職も技術習得

AI技術を学ぶ講座で大阪大の新岡特任准教授(右)に質問するダイキン工業社員=大阪府摂津市で、加藤美穂子撮影

 進化する人工知能(AI)を活用できる人材を育てようと、企業が大学と協力して、社員がAI技術を学べる講座を設けている。仕事や暮らしに大きな変化をもたらすと予想されているAIを扱える人材は不足しており、別の技術を持っている社員が「学び直し」に取り組んでいる。【加藤美穂子】

 空調大手ダイキン工業の施設(大阪府摂津市)で4月、スーツや作業服を着た社員約30人がパソコンに向かって黙々と手元を動かしていた。質問に応じていたのは、大阪大データビリティフロンティア機構の新岡(にいおか)宏彦特任准教授だ。

 この「ダイキン情報技術大学」は昨年12月に開講。技術系に限らず、マーケティングや営業部門も含めた社…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  5. 中国「感染力は強まっている」 武漢からの観光客の感染確認、4例目 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです