メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

脇田海釣り桟橋 幅広い客層に人気 釣って楽しく、食べておいしく 手ぶらで訪れても大丈夫

家族連れや釣り好きでにぎわう脇田海釣り桟橋=北九州市若松区安屋で

 5月も半ばを過ぎ、穏やかな陽気の中で釣りを楽しめるシーズンがやってきた。トイレやレンタル釣り具が完備され、家族連れから釣りファンまで幅広い客層でにぎわう北九州市若松区の「脇田海釣り桟橋」を訪ねてみた。【木村敦彦】

 「お父さん、釣れたよ」「この魚、食べられるの」。晴天の下、釣り客の歓声が響く。

 脇田海釣り桟橋は、北九州市若松区の砂浜から響灘(ひびきなだ)の海上に約500メートルにわたって突き出す形で設置された桟橋。橋の両側に設置された釣り座から、さおを出して気軽に釣りが楽しめ、ベテランの釣り師から家族連れ、若いカップルまで、多くの来場客でにぎわっている。

 四季折々、さまざまな魚で楽しめるが、とりわけこの季節は、アジやメジナ、チヌなどを気軽に釣ることがで…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文996文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです