メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瑛太

「西郷どん」撮影でストレス「白髪増えた」 “坂本龍馬”小栗旬のエピソードも

「NHK大河ドラマ特別展『西郷どん』」のプレス向け内覧会に出席した瑛太さん

 俳優の瑛太さんが25日、東京芸術大学大学美術館(東京都台東区)で26日から開催される展覧会「NHK大河ドラマ特別展『西郷どん』」のプレス向け内覧会に出席。大久保正助(利通)を演じている瑛太さんは、「今京都編を撮っているんですけど、久光(青木崇高さん)と吉之助(鈴木亮平さん)の間に挟まれた中間管理職みたいで、正直ものすごいストレスになっている。吉之助さんに『もうちょい冷静に』とこの人を何度止めなくてはいけないのか……」とぼやき、「(瑛太さん自身)白髪が増えてましたし、重圧がかかっている」と弱音を吐いた。

 ドラマには、坂本龍馬役で小栗旬さんの出演が発表されているが、瑛太さんは「京都編には新キャラクターがどんどん出てきて、現場の空気も変わってきている」といい、「亮平君もリハーサル室で小栗旬が入ってきた瞬間の雰囲気を『なんかすごいグラサンかけてきて、オレは坂本龍馬だ!っていう雰囲気を思いっきり、プンプンに出してきたぜ』と僕に伝えてきた」と明かし、報道陣の笑いを誘っていた。

 放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」と連動しながら、主人公の西郷隆盛ゆかりの歴史資料や美術品などにより、その人物像と激動の時代を浮き彫りにする特別展。西郷の風貌を最も忠実に伝えるとされる肖像画や、座右の銘を記した書「敬天愛人」、西郷がその婚礼に尽力した篤姫が所有していた華麗な調度品など展示。また幕府瓦解(がかい)のきっかけとなった幕末の最重要史料「討幕の密勅」、あの有名な銅像「上野の西郷さん」の制作過程を物語る新出写真も登場する。7月16日まで。

 「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです