メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝会談中止

拉致被害者家族「肝心の機会が…」

 米朝首脳会談の中止が24日深夜、発表された。「これが最後のチャンス」と会談に希望を託していた拉致被害者家族や、半島の非核化の進展を期待していた広島、長崎の被爆者からは落胆と失望の声が上がった。【堀智行、杉山雄飛、池田一生】

 拉致被害者の田口八重子さん(行方不明時22歳)の兄で家族会代表、飯塚繁雄さん(79)は「これまで何十回と米国に要望してきたが、肝心の機会が失われてしまえば何にもならない」と声を落とした。

 家族会は会談を見据え、4月末から5月上旬にかけ、横田めぐみさん(同13歳)の弟拓也さん(49)、田口八重子さんの長男飯塚耕一郎さん(41)らが訪米し、米国政府関係者と面会するなど問題解決に向けた働きかけを続けてきた。繁雄さんは「これまでも何度も振り回されてきた。拉致だけ取り出して先に進めてほしいというのが我々の願いだ」と訴えた。

 めぐみさんの母早紀江さん(82)は「私にはわかりませんが、いろいろな経緯や、米国、北朝鮮それぞれの意思があるのでしょう。この先どうなるのか、私としても見ていくし、良い方向に向かってほしいと思います」と言葉少なに語った。

 神戸市出身の有本恵子さん(同23歳)の母嘉代子さん(92)は「トランプ大統領の判断ならば尊重する。北朝鮮は信用できず、中止も仕方がない。米国にとって良い条件が整った状況で開催してもらった方が期待できる」と中止の判断を支持。「時間が延びても、米朝会談は必ず開いてくれると信じている」と希望をつないだ。

 日本政府に対しては「米朝会談までの時間ができた。問題解決に向けてしっかり準備を進めてもらい、チャンスを逃さないようにしてほしい」と注文を付けた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]