特集

公文書・国では

毎日新聞デジタルの「公文書・国では」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

政府

文書管理を横断的に監視 内閣府に局長級の新ポスト

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 財務省の決裁文書改ざんなどの公文書問題を受け、政府は各省庁の文書管理を横断的に監視する局長級の新たな役職を内閣府に置く検討に入った。省庁ごとに行っている文書管理を一元化し、より厳格で適正なチェック体制を目指すという。一方、文書改ざんに対して新たな刑事罰を設けることは見送り、省庁の内規などを改めて既にある処分規定を重くするよう検討する。

 財務省が近く公表する文書改ざん問題の調査結果や関係者の処分を受け、安倍晋三首相が新方針として示す。新たな監視ポストは各省庁から独立し、各省庁に文書管理の状況を確認したり、不正行為の通報があった場合に調査したりする権限を与える方向だ。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文539文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集