新潟知事選

立候補は3人 花角氏と池田氏の一騎打ちに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新潟県の米山隆一前知事の辞職に伴う同県知事選は24日告示され、無所属新人の3人が立候補した。自民、公明両党が支持予定の前海上保安庁次長、花角英世氏(60)と、立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党や衆院会派「無所属の会」が推薦する元県議、池田千賀子氏(57)の事実上の一騎打ち。前回選に続き、東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働問題などが争点で、野党は加計学園問題と絡め安倍政権の責任追及の場にする構えも見せている。投開票は6月10日。

 知事選は再稼働に慎重だった米山氏が女性問題で辞職したことに伴うもので、元同県五泉市議の安中聡氏(40)も立候補した。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文610文字)

あわせて読みたい