北朝鮮

地下核実験場の坑道3カ所を爆破 北東部の豊渓里

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル堀山明子、渋江千春】北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)にある地下核実験場の閉鎖作業を取材中の韓国の通信社「ニュース1」は24日、実験場にある4カ所の坑道のうち3カ所が爆破されたと報じた。残る1カ所の坑道について北朝鮮当局は、すでに閉鎖されており、爆破しなかったと説明したという。北朝鮮の核兵器研究所も同日、「核実験中止を透明性を持って担保するために、北部核実験場を完全に廃棄する作業を行った」との声明を出した。

 報道によると、北朝鮮側は24日午前11時に北側坑道、午後2時17分に南側坑道、同4時2分に西側坑道を相次いで爆破。軍人用の宿泊棟2カ所などの関連施設も爆破されたという。英スカイニュースは「500メートル離れた場所で爆破を見た。極めて大きな音がした」との現場記者の声を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1047文字)

あわせて読みたい

注目の特集