文京・マンション

建築確認白紙の裁決「判断に誤りなし」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
建設中だったマンション「ル・サンク小石川後楽園」=東京都文京区で2016年5月16日、伊藤直孝撮影
建設中だったマンション「ル・サンク小石川後楽園」=東京都文京区で2016年5月16日、伊藤直孝撮影

東京地裁 建築主2社の請求を棄却

 東京都文京区に建設中だったマンションを巡り、完成直前に建築確認を白紙に戻した都の裁決を不服として、建築主2社が裁決を取り消すよう求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。清水知恵子裁判長は「裁決の判断に誤りはない」として請求を棄却した。

 判決などによると、マンションは文京区小石川2の「ル・サンク小石川後楽園」(107戸)。NIPPO(東京都)と神鋼不動産(神戸市)が2012年に…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

ニュース特集