メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦

本因坊文裕が中押し勝ち 1勝1敗に

 京都市中京区の世界遺産・二条城で23日から繰り広げられた第73期本因坊決定戦七番勝負第2局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、京都市共催、大和証券グループ協賛)は24日午後7時17分、171手で本因坊文裕(もんゆう、29)=井山裕太九段=が挑戦者の山下敬吾九段(39)に黒番中押し勝ちし、対戦成績を1勝1敗のタイとした。残り時間は文裕7分、山下2分。第3局は6月2、3の両日、秋田県能代市の旧料亭金勇で打たれる。

 地で先行した文裕が緩急を織り交ぜた巧みな打ち回しで山下の攻撃をかわし、快勝した。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文696文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです