京大

iPS細胞で「ヘルパーT細胞」の機能

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らのグループは、がん細胞を攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」を活性化する「ヘルパーT細胞」の能力を持つ細胞を、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製したと発表した。ヘルパーT細胞はさまざまな種類のキラーT細胞を活性化するため、幅広いがん細胞の攻撃につながる。がん患者の免疫機能の強化や治療への応…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

注目の特集