メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

栃ノ心ジョージア初の大関へ 過去全敗の白鵬破る

白鵬を寄り切りで破り、支度部屋で笑顔を見せる栃ノ心=東京・両国国技館で2018年5月24日、宮武祐希撮影

 大相撲夏場所12日目が24日、東京・両国国技館で行われ、東関脇・栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、春日野部屋=が横綱・白鵬を破って初日からの連勝を12に伸ばし、場所後の大関昇進を確実にした。ジョージア(グルジア)出身力士では初の大関誕生となる。

 栃ノ心はこの日、過去の対戦で25戦全敗だった白鵬に勝ち、優勝争いでも単独トップの座を守った。日本相撲協会の阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は「(白鵬戦で)大きな意味ある白星を重ねた。(大関に)なるような相撲だった…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです