メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

記者会見する日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督(右)と井上奨元コーチ=東京都千代田区の日本大学で2018年5月23日午後9時31分、丸山博撮影

 日本大アメリカンフットボール部の選手による悪質なタックルを巡る対応で学内からもせきを切ったように批判が噴出した。3年生の宮川泰介選手(20)への反則指示を否定した内田正人前監督(62)や井上奨元コーチ(29)の会見を受け、選手の父母会や教職員組合などが24日、正常化に向けて動きだした。【小林悠太、円谷美晶、中村有花】

 日大アメフット部の父母会は24日夜、東京都内で約110人を集めて非公開で総会を開き、代理人の弁護士を立てて日大側に情報提供を求めていくことを申し合わせた。会長らは関西学院大に謝罪したうえで「子どもたちが『声明を出したい』と言っている。全力で支援したい」と語った。出席した父母らは硬い表情で無言だった。

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  3. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです