大相撲夏場所

栃ノ心、土俵生活で「一番気持ち良かった」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

12日目(24日・両国国技館)

 館内に舞う多くの座布団を見て、栃ノ心は感慨にふけった。初土俵から12年で「一番気持ち良かった」。優勝40回の第一人者、白鵬との力勝負を制して、幕内26回目の対戦で初白星を挙げた。大関昇進を確実にし、優勝にも大きく近づいた。

 立ち合いを一度、白鵬が嫌った。「2回目は先に手を着くしかない」と小細工は捨てた栃ノ心。踏み込み良く当たり、右四つ左上手でがっぷりと組み合う。互いに全身を紅…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

あわせて読みたい

ニュース特集