メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

核合意5カ国に貿易保護策要求 米離脱後初協議

 【ウィーン三木幸治】イランと核合意を結んだ5カ国(英仏独中露)による合同委員会が25日、ウィーンで開かれた。米国の核合意離脱後、当事国による初の協議となり、参加国は合意の維持を目指すことで一致。ただイランは5カ国に対し、イランへの貿易保護策を今月中に作成するように圧力をかけ、早期の事態収拾を図りたい意向を示した。

 イランのアラグチ外務次官は会談後、記者団に、イランが核合意を順守していることを強調し、「イランは経済的利益を得ることができ、相手を信頼できる政策が必要だ」と主張。5カ国の対応を見て数週間以内に合意を維持するかどうか判断する意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです